田舎から上京して都会で働きながら生活するも、様々な事情でまた田舎へ戻る人はたくさんいると思います。

私も東京では10年ほど暮らしましたが、いろいろあって数年前に実家のある東北へ戻ってきました。

何も考えず、ほぼ逃げるような形で戻ってきたので、後悔もたくさんしました。

今回は、その時の体験談をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

きっかけは元彼との同棲解消

私は東京で7年ほど同棲生活をしていましたが、何も進展しない彼との関係に嫌気がさし、同棲を解消し仕事も辞め田舎へ帰ってきました。

もう数年前になりますが、当時は何も考えず帰ってきてしまったことを本当に後悔しました。

実家へ帰ってきて後悔したこと5つ

田舎の就職事情は都会に比べて厳しいというのは当然なのですが、それ以外にもいろいろ後悔したことがありました。

以下は特に辛かったこと5つになります。

1.やりたいことが何も無かった

私は東京での彼との生活に疲れ果てていたのもありますが、仕事での悩みも多く、常に辞めたいと思っていました。

なので彼からも仕事からも逃げるような形で東京を去ってきたのですが、実家へ帰ってきてからやることを何1つ決めていませんでした。

また突然変わった身の回りの環境についていけず、しばらくの間はどうしていいかわかりませんでした。

本当に何も考えず帰ってきてしまったので、次の仕事のアテもありませんでしたし、これから何をしていけばいいかさっぱりわかりませんでした。

なんというか、華やかな都会での生活から、いっきに何も無いところへ来てしまい、自分の人生が急に閉じていくような、そんな気持ちになってしまったのです。

何かやりたいことがあれば良かったのですが、それが一切ありませんでした。

勢いに任せて気持ちのまま実家へ戻ってきてしまったことに、激しく後悔しました。

2.遊ぶ場所が無い

私の実家は東北でもかなり田舎の方なので、遊べるような場所は少なく、すぐに飽きてしまいました。

なので行くところもあまりなく、家から出ないことがほとんどでした。

一言で言うと、詰まらなかったのです。

3.何もすることが無い

目標も何も無かったので、毎日何もすることが無くて詰まらなかったです。

仕事は見つけても、それ以外に特に目指したいものも無ければやりたいこともなく、なんというか、行き詰まっていたように思います。

先の見えない人生がとにかく嫌で、早く実家から出てもう1度上京したいと思ってました。

4.なんか虚しい

都会での生活と比べてしまうからなのですが、田舎に戻ってきた頃の生活はどうしても虚しく感じてしまいました。

田舎で生まれ田舎で育ったクセに、何を言ってるんだろうと思いましたが、”慣れ”というのはそういうものなのだと思いました。

「私はこれからどうしたらいいんだろう…。」

虚しくて虚しくて、涙がこぼれる日も少なくなかったです。

5.なんか寂しい

幸い田舎の地元には1人だけ昔から仲良くしてくれる友人がいました。

でもそれ以外の友人はみんな東京にいたので、最初はやっぱり寂しかったです。

どこにいても多分変わらない

実家へ戻ってきた最初の1~2年は、華やかな東京での生活が忘れられず、「もう一度あの頃に戻るんだ!」と息巻いて再上京に向けて頑張っていました。

ですが田舎で暮らすうちに、少しずつその環境にも慣れてきたのか、それとも歳をとったせいなのか、以前ほど上京に執着しなくなりました。

むしろ「たまに遊びに行ければいいかな…」と思うようにもなりました。

それに私は恐らくどこへ行っても同じなのです。

東京に戻ったからといって、劇的に何かが変わるわけではない。

ただ何となく「東京へ戻れさえすれば大丈夫!」と思い込んでいたのでしょう。

なのでどこへ行っても変わらないし、同じなのです。

それに気付き始めてからは、田舎での生活を少しずつ楽しむようになりました。

自分がちゃんとしてれば大丈夫

そしていつの頃からか、私はどこにいても、1人でも、誰と一緒でも、自分自身がしっかりしてれば大丈夫なんだという気持ちを持つようになりました。

自分がしっかりしていて、やりたいことややるべきことをきちんとしていれば、もうそれでいいと思うようになりました。

今では場所や環境に執着することはほとんどなく、置かれた状況に感謝し、ここで自分ができることを1つずつやる毎日を過ごしています。

目標や趣味を作れば、田舎にいても人生は充実する

何もやることが無いのなら、目標を作ればいいことを学びました。

何も無いなら、作ればいいのです。

ダイエットでも筋トレでも、美容でも何でも、日々の生活で取り組める目標を作るのです。

大きな目標だと大変なので、小さめの目標をいくつも作って、それを1つずつ達成していくのも楽しいです。

趣味を持っても良いですね。いくつ持ってもいいと思います。

ちなみに私は朝晩2回、自宅で5分くらいのヨガをしています。

またこのようなブログを書いたり、趣味でヘアアクセサリーを集めたり、たまにハンドメイドをしたりなど、とにかく好きなようにやっています。

独身なので時間があるというのもありますが、テレビやスマホなどで時間を無駄にすることを極力避け、やりたいことに充てるようにしています。

仕事を辞めて都会から田舎の実家へ帰ってきて後悔したことまとめ

  • 何も考えずに帰ってきたので何をしていいかわからなくなった
  • 田舎は都会に比べると詰まらないかもしれないが、自分次第で楽しくもなる
  • どこにいても、誰と一緒でも、自分がしっかりしてれば大丈夫
  • 目標や趣味を作ることで、田舎にいても人生は充実する

私は当初、田舎へ帰ってきたことを激しく後悔しましたが、どこへ行っても自分の芯がしっかりしてれば大丈夫なのだということをこの数年間で学びました。

それからは場所や環境に拘らず、自分が本当にやりたいと思ったことをやり、本当に目標にしたいと思ったことに挑戦しています。

なのでそういうものがまだ無い方は、決めてみるのも良いかもしれません。

目標や趣味は無くても生きていけますが、あればその分人生が豊かになることは確かだと思います。

ちなみにお金が無くてもできる趣味はたくさんありますので、ぜひいろいろ探してみて下さいネ。

スポンサーリンク