現在はいろいろなSNSがありますが、私は長年ずっとTwitterをやってました。

他にもフェイスブックやインスタグラムもやりましたが、Twitterが1番長くて7年くらいです。

いろいろな人とやり取りして楽しかったこともたくさんありますが、反対に嫌なことも結構ありました。

SNS疲れというのも何度も経験しました。

今回は、SNSで恐らく誰もが1度は経験する、他人の幸せ自慢アピール&リア充アピールでイライラしたり落ち込んでしまった時の対処法についてお話したいと思います。

なお、私自身Twitterを使っていたこともあり、記事の内容は主にTwitterで経験したことを元に書いております。

スポンサーリンク

私カワイイ&リア充アピールにうんざり

  • 自撮りをsnowなどのアプリで盛って、さらに口元だけスタンプで隠してデカ目アピール(私かわいいでしょ?)
  • 高級料理の画像(これが1番多い)
  • 多人数で乾杯してるところの画像(リア充乙)
  • 画像の隅っこにさりげなくブランド品を置いてアピール(はいはい)

リアルでの知人や、Twitterで仲良くなったいろいろな方をフォローしていましたが、正直みなさんのことが羨ましかったのかもしれません。

羨ましいから嫉妬するし、イライラしていたのかもしれません。

ですがSNSはもともと自分が発信したいことを自由に発信できる場所です。

なので、周りがとやかく言うことではないんですよね。

それは私も十分わかってるはずだったんですけど、どうしても苦手でした。

嫌なら見るな

それなら見なきゃいいんですけど、そうすると逆に気になって見たくなるのが人間なのでしょうか。

当時の私はTwitterに依存していたこともあり、見たら嫌な気持ちになるとわかっててもついつい見てしまいました。

仲良くなった人も結構いたし、皆さんのことが気になったんですよね。

当然、SNS疲れになる

しかしそんな私のTwitterライフもとうとう終わりを迎えました。

Twitter歴7年のうち、特に最後の1年間はボロボロでした。

  • 仲良い人通しでコミュニティを作るも、徐々に亀裂が生じ始める
  • 苦手な人が出現&その人のツイートがリツイートやイイネでこちらに回ってくるのが辛い(ミュートで回避)
  • 自分以外の人たちが仲良くしたりオフ会してるのを見るのが辛い(やっかみ)

最後のは完全に嫉妬ですが、いくらTwitter依存だった私でも耐えられず、徐々にTwitterから距離を置くようになりました。

SNSが向いていない人

SNSが向いていないと思う人の特徴をまとめました。

個人的な意見なので、参考程度にお読みください。

1.嫉妬深い人

私はTwitterを始めてから自分がかなり嫉妬深い人間であることを知りました。

Twitterに限らず、SNSでは他人の自慢アピールやリア充アピールを目にする機会が多いです。

そういうのに触れても大丈夫な人なら良いですが、すぐに嫉妬してしまうような方にはあまり向いてないかもしれません。

2.すぐにクヨクヨする人

SNSで他人と交流していると、嫌なことも当然あります。

そういうことがあった時に、いつまでも悩んでしまう人はあまり向いてないかもしれません。

特に1度も会ったことがない、どんな人かもわからない人とのトラブルに時間を割くのは勿体無いです。

3.気遣いのできない人

気遣いのできない人は、SNSに限らずどこへ行っても嫌われます。

SNSは必ずしも他者とコミュニケーションをとる必要はありませんが、自身が発信したものは鍵などをかけていない限り他者にも見られます。

なので、何でもかんでも好き勝手に発信していいわけではありません。

4.気の弱い人

これは絶対ではありませんが、気の弱い人は周りからの影響も受けやすく、TwitterなどのSNSは疲れてしまうかもしれません。

実際にフォロワーさんで疲れてる人がいました。

せっかく始めたSNSも、ただ消耗して終わってしまうかもしれません。

SNSの自慢&リア充アピへの対処法

ではどうしたら良いかですが、以下は私が実際にやったTwitterでの対処法になります。

1.何でもかんでも真に受けない

よく言われることですが、自慢アピールやリア充アピールというのは、相手の日常生活のキラキラした一部分であるということです。

切り取ったハイライト部分をフォロワーに見せているわけで、四六時中キラキラしてるわけではないのです。

なので、何でもかんでも真に受けないことです。

サラッと流すスキルが必要です。

とは言えそれでも私は嫉妬してましたけどね。

嫉妬深いので。ええ。

2.嫌いな人をミュートする

Twitterにはミュート機能がありますので、苦手だな(嫌いだな)と思った人はサクッとミュートしてしまうのがおすすめです。

これだけでだいぶストレスが減ったという人も多いです。

私もこの機能には本当にお世話になっていました。ええ。

3.裏垢(裏アカウント)をつくる

こっそり裏垢を作り、気の合うフォロワーさんにだけフォローしてもらってそこで交流するという手もあります。

コミュニティは狭くなりますが、ストレスが減るのでこれもおすすめです。

ただ本垢もたまに見たりするので、私はその時にストレスを感じていました。はい。

4.SNSを辞める

嫌になったら最後は辞めても良いと思います。

趣味のSNSなんて、やりたければやる、やりたくなければやらない、で良いのです。

もしくは休止中ということで、SNSから距離を置くのも良いでしょう。

私の場合はTwitter依存症でしたが、完全に疲れるまでは見続けていました。

いきなり見るのを辞めるということはできず、それはかえってストレスになりました。

ですがある時を境に見る回数が減り、完全に見なくなりました。

とうとう疲れてしまったようです。

現在はアカウントも削除し、抹消してあります。

ちなみにTwitterで仲良くなった人たちとはチャットワークやLINEでつながっています。

こんな私と仲良くしてくれるなんて、本当に感謝の極みです。

唯一、Twitterをやっていて良かったと思えたことです。

SNSは弱者には辛い環境

これは知人が言っていたことですが、「SNSは弱者には辛い環境」だそうです。

何を持って弱者と定義するのかはわかりませんが、例えば私のように嫉妬深かったりすると苦しいかもしれませんね。

あとは気の弱い方なんかも辛いでしょう。

どうしても持ってない人より持ってる人たちの方が目立ちますし、なにかと劣等感を抱きやすい場所かもしれません。

でもそこで自信を無くしてしまうのは、すごく勿体無いと思います。

SNSは周囲を気にせず1人でのんびり楽しむこともできるので、自分のペースでできる方なら問題ありません。

むしろそちらの方が使い方としては正しいのかもしれません。

イライラしたり落ち込んでしまうようなものを見て、あなたから貴重な時間を奪うSNSならやらない方が良いでしょう。

SNSで他人の幸せ自慢を見てイライラする&落ち込むまとめ

  • 嫌なら見ない(ミュート、裏垢作る、辞める)
  • 何でもかんでも真に受けない
  • SNSには弱者には辛い環境

SNSには自慢アピールやリア充アピールが多いと書きましたが、本当のリア充はSNSなんかやらないという話を聞いたことがあります。

リアルでの生活が充実し過ぎていて、SNSをやってる暇が無いそうです。

また本当のお金持ちほど、高級料理や幸せ自慢などをしないそうです。

…これは少しわかるような気がします。

私は今はTwitterを辞めてしまいましたが、いつかまたやってみてもいいかなと思ってます。

また嫉妬するかもしれませんが。笑

スポンサーリンク