上司や先輩同僚との人間関係が辛くて会社を辞めたいと思ったことはないですか?

会社を辞めたいと思ってる人の理由は様々だと思います。

その理由として特に多いのが、人間関係だという話を聞いたことがあります。

私も過去、上司との関係が上手くいかず辞めた会社がありました。

その後いくつか仕事を転々としましたが、周囲で辞めていく人の中には、「上司が無理」だとか「先輩が嫌だ」など、職場の人間関係で辞めてく人が結構多かったです。

私は仕事が続かない人間で、1番長いところで4年、短いところで2ヶ月ほどでしたが、その理由のほとんどが仕事そのもの(業務内容)が嫌というものでした。

もちろん上司(先輩)との人間関係に疲れ果てて辞めた会社もありました。

しかし最近思うようになったのが、職場の人間関係で悩むことは、下らないということです。

スポンサーリンク

会社の人間関係で悩むことなんて無い

仕事をする上で、良好な人間関係を築いていくことはとても重要だと思います。

人間関係が良ければ仕事も楽しく感じるかもしれませんし、新しく入った会社でまず気になるのは人間関係という人もいるのではないでしょうか。

もちろんそのように、良好な人間関係を築くために努力することは大切ですし、時には厳しく接せられることもあるでしょう。

・・しかし残念ながら、悩みの種となる人間関係はそのようなものではなく、理不尽なものであったり自分勝手で自己中なものであることがほとんどのようです。

とは言え、上司も先輩も同僚も、皆生まれた場所も違えば育った環境も価値観もぜんぜん違う。

そんな赤の他人が大勢集まって1つの組織の中で一緒に働くのですから、むしろ何も問題が無いことの方がおかしいのかもしれません。

さらにそんな場所で働くのですから、困った人間の1人や2人いて当然なのかもしれません。

なのでお互いに変な人や頭がおかしい(と思っちゃう)人はどこへ行ってもいるのです。

つまりこの場合、会社の人間関係に関しては、何も悩む必要は無いということです。

どう足掻いても、人間関係は思い通りになんかならない

何とか人間関係を円滑にしたいと思っても、相手がそれに応じてくれるかは全て相手の勝手です。

あなたにはどうすることもできませんし、ましてや部下という立場なら尚更難しいかもしれません。

それならやはり悩むだけ無駄ですし、考えたところで何の意味も無いことではないでしょうか?

いつかは切れてしまう縁

人によっては定年まで勤める方も多くいると思いますが、入社から定年するまでの約40年間、いろんな人との出会いと別れがあると思います。

良い人もいれば、嫌な人もいるでしょう。

それに対していちいち悩んでいたらキリが無いのです。

また会社での人間関係というものは、所詮は仕事上だけでの付き合いであり、それ以上でも以下でもないはずです。

そしてその関係は、お互いに持続させようとでも思わない限り、いつかは切れてしまうもの。

切れてしまう縁なのです。

ですから、悩むだけ時間の無駄なのです。

もちろん簡単なことでは無いでしょう。

それができたら誰も苦労しませんし、世界はもっと平和かもしれません…。

ですが、あくまで1つの考え方として参考にしていただければ幸いです。

仕事の人間関係で悩むことの無駄や下らなさの理由を考えることができれば、あなたの毎日は今よりもう少し穏やかなものになるかもしれません。

ありのままのあなたでいればいい

ありのままと言っても、思ったことをそのまま言ったり、わがままで自己中心的になってしまってはいけません。

人に対する思いやりや配慮は、どのような場面であっても、どのような状況であっても、欠かさずにいたいものです。

その上で、自然体な自分でいればよろしいかと思います。

仕事に限らず、悩んでも仕方の無いことにいつまでも時間を使わず、できるだけ自分を自由にしてあげられる時間を持つのです。

自由にしてあげられる時間というのは、好きなことややりたいこと、あなたがそれをやっていて、素直に「楽しい」と思えるような時間のことです。

いつの間にか嫌なことで悩んだり考えたりしてしまうことは多いですが、それ自体は何も面白くも楽しくもないはずです。

とは言え人間ですので、全く悩むなとは言いません。

でも、ある程度悩んで考えたら・・

  • いつまで悩んでいても同じこと
  • 現実は何も変わらない
  • どうせいつかは切れる縁

と、自分に教えてあげましょう。

ちなみに私の場合、どうせいつかは切れる縁というのはかなり効果がありました。

「どうせいつかさよならできるんだから、どうでもいいや。」と思えるようになりました。

むしろそんなことで悩む時間があるなら、もっと自分のために使おうと思えるようになりました。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、そうやって自分を自分で救ってあげることができれば、仕事も人生ももっとスムーズになるかもしれません。

私は「どうせいつかは切れる縁」と思うようになってから、仕事の人間関係がとてもラクになりました。

小さなイザコザで悩むことも少なくなり、バッサリした感じになりました。

これが良いのか悪いのかわかりませんが、心なしか以前より人間関係が良くなったとさえ思っています。

仕事の(会社の)人間関係なんて、実はどうでもいいのであるまとめ

  • 会社は自分とは違う環境で育った人たちの集まり
  • 変な人やおかしな人はいて当然
  • どうせいつかは切れる縁なので、いちいち気にする必要は無い
  • ありのままのあなたで、堂々としていれば良い

もちろん会社の人と仲良くなって、プライベートでも親しくなれるような関係が築ければ、それはそれで素敵なことだと思います。

すべてありのままのあなたで仕事をすることは難しいかもしれませんが、できるだけ素のあなたで、仲良くなってくれる上司や先輩、同僚がいれば良いですね。

職場の人間関係で悩んでる場合はもうあまり気にせず、肩の力を抜いて気楽にやってみるようにしましょう。

よく言えば吹っ切れる。悪く言えば開き直る。

これでいきましょう。

スポンサーリンク