ケノンは肌が白い人、色白の人が使っても大丈夫?

家庭用脱毛器

私はどちらかというと色が白い方ですが、当初ケノンを使っても大丈夫かどうか無駄に悩みました。

ですが結論から申し上げますと、ケノンは色白の方でも大丈夫です。

スポンサーリンク

ケノンは色白の人の方が、肌へのダメージが小さくて済む

ケノンはフラッシュ脱毛器です。

フラッシュ脱毛は光脱毛とも言います。

光脱毛はカートリッジから発光される光を毛根に吸収させ、そこで熱エネルギーに変わって毛根を焼き尽くすことで脱毛する仕組みです。

この光は黒いもの(メラニン)に反応します。

そのためほくろなど色の黒いものは火傷しますし、日焼けした肌なんかもダメージが大きいです。

むしろ、日焼けしてる時はやらない方が良いでしょう。

実際にケノンを使ってみた結果(痛み・肌の状態)

では本当に色白でも大丈夫なのか?ということで、私で実験してみました。

ちなみにほくろが多いですが、ほくろは保護して照射します。

ケノンはレベル1~10まで調整できるので、各レベルで痛みや肌の状態を確認しました。

痛み・肌の状態
レベル1~3 ぜんぜん痛くない
レベル4~6 ぜんぜん痛くない
レベル7~9 レベル7から弱い輪ゴムでパチみたいな刺激
レベル10 弱いパチッとした刺激を感じる

1番最初の照射は、レベル1でも緊張したのを覚えています。

ですがレベル1は何も感じないという方が多いです。私も何も感じませんでした。

何も感じないということは、効果も期待できません。

私はレベル6まで何も感じませんでした。

レベル7から若干の刺激(弱い輪ゴムで弱いパチ)を感じましたが、特に痛くなく、それはレベル10までほとんど変わりませんでした。

痛みはほぼ感じません。(むしろ保冷剤でキンキンに冷やす方が痛い)

なので私はどの部位もレベル10でガンガン打っていますが、今のところ問題ありません。

ポイントは、しっかり冷やすこと

私が痛みをほとんど感じなかったのは、保冷剤でしっかり冷やしているからです。

上の画像は私が毎回使ってる保冷剤ですが、少し多めです。笑

ケノンにも保冷剤は2つ入ってますが、腕や脚など大きな範囲を照射する時は、大きな保冷剤があると便利です。

保冷剤でしっかり冷やし、ケノンを照射し、また冷やします。

しっかり冷やすかどうかで、痛み具合は変わります。

少し面倒に感じるかもしれませんが、実際やってみると、そうでもないです。

ケノンは肌が白い人、色白の人が使っても大丈夫?まとめ

  • ケノンは色白でも大丈夫
  • むしろ肌が白い人の方が肌へのダメージが小さい
  • ただし日焼けには要注意

ケノンを使用する際は、照射前と照射後に必ずクーリング(保冷剤で冷やす)をしてください。

とりあえずケノンは色白の方でも大丈夫ですし、むしろ肌の白い人の方が向いていると思います。

日焼けには十分注意して、ケノンライフを楽しんでください。

なおケノンの詳細は、以下の公式サイトでご覧いただけます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました