いつか上京したいと思ってるうちに、何年も経ってる独身女性の方は多いと思います。

そこで今回は、独身女性が上京する際に必要なもの3つを詳しくご紹介致します。

独身女性だからといって特に変わった物が必要なわけではありませんが、参考にしていただければ幸いです。

今年こそ上京したい!独女に必要な上京3種の神器

  1. お金(絶対必要)
  2. 部屋(どこに住むかは大事)
  3. 仕事(お金の次に重要)

1.お金

何をするにも、たいていお金は必要不可欠です。

上京するとなったら、やはりまとまったお金が必要です。

貯金がまったく無い方はまずは貯金をする必要があるのと、現在貯金がある方でもできればそれには手を付けず、新たに上京資金を貯めることをおすすめします。

そして金額ですが、よく言われているのは100万円です。

上京費用100万円で、本当に足りるのか

でもこの金額には根拠があるようであまりありません。

住む部屋の家賃の金額でまったく変わってきますし、家電も安い物なら良いですが、好みの物で買いそろえればそれなりにかかります。

特に女性なら家具には拘りたいと思いますので、そのぶんお金はかかります。

そして仕事と生活が安定するまでの当面の生活費は2~3ヶ月用意しておきたいので、果たして100万円で足りるのか微妙なところです。

ということで、自分の上京費用にどれくらいかかるのかは、自分なりにシュミレーションして計算することをおすすめします。

例えば私の場合、おそらく以下のような計算になります。

費用
家賃:6万円のアパート(賃貸)の契約料 約30万円
家具・家電・日用品 約30万円
当面の生活費(2~3ヶ月分) 約45万円
合計
約105万円

家具や家電、日用品は現在使ってる物をそのまま使用するという手もありますが、そのぶん引っ越し費用が高くなります。

私は家具や家電には結構拘る方なので、結構高くなると思います。

どんな家具・家電を置きたいのか事前に調べ、その値段を計算できれば1番良いと思います。

そして1番お金がかかるのが生活費です。

仕事を始めてから最初のお給料をもらうまでの期間は、貯金を崩さなくてはなりません。

私の場合、東京にいた頃は家賃6万円のアパートに住んでおり、生活費は光熱費含め、1ヶ月でだいたい15万円くらいでした。

ただし食費や交際費がかさめば、あっという間に20万を超えます。

上記の計算でも100万円はオーバーしてるので、上京費用はあっという間になくなってしまいます。

上京費用100万円は、余裕のある金額ではない

ちなみに上記の費用には、肝心の引っ越し代が入っていません。

引っ越し代は、今住んでる地域から東京までの距離がどれくらいあるかで変わるので、一概には申し上げられません。

近ければ安く済みますが、遠ければその分高いです。

高く見積もって10万くらいは用意しておいた方が良いと思います。(高いですね。)

上京費用は100万円ではギリギリ、もうちょっとあった方がいい

私も初めは100万円用意しておけば大丈夫💮と思っていましたが、実際に計算してみると全然足りませんでした。

200万円あればさすがに十分だと思いますが、それだけ貯めるとなると途方に暮れる方も多いと思います。

なので150万くらいあった方が、心にゆとりを持って東京での新生活を始められると思います。

ただし家賃が高くなると当然初期費用も高くなりますので、しっかり計算してから上京準備を進めましょう。

2.部屋

住む場所に関しては、仕事が決まってから探すことをおすすめします。

仕事が決まらないと会社までの交通手段もわかりませんし、不便な場所に住んでしまうと後悔します。

なので部屋は仕事が決まってから探した方が良いでしょう。

ただ東京は出勤に1~2時間かかるのはザラなので、時間がかかっても良いなら家賃の安い郊外に住むのもアリです。

また住む場所に拘りがあるなら、できるだけ近い場所で仕事を探すと良いでしょう。

3.仕事

上京する時に、部屋を先に見つけるか、仕事を先に見つけるかという質問は結構多いです。

部屋を見つけてからという回答も多いですが、それだと仕事が見つかるまでは東京で無一文生活を過ごすことになります。

貯金はどんどん無くなりますし、なにより精神的に大変よろしくありません。

仕事が見つかるまでの生活費を貯めて上京するにしても、その間に仕事が見つかるとも限りません。

なので仕事は先に見つけてから上京することをおすすめします。

仕事の探し方

東京にはたくさん仕事があります。

仕事を探すなら、まずは転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。

転職サイト・転職エージェントは、きっとあなたの力になってくれるはずです。

以下は当サイトおすすめの転職サイト・転職エージェントのランキングです。ぜひ参考にしてみてください。

1位 リクナビNEXT

リクナビNEXTは、国内最大級の求人規模を持つ、知名度No.1の転職サイトです。

とても有名なリクナビNEXTですが、転職者の約8割が利用しており(2012年に転職した正社員転職者へのアンケート調査)、登録することで無料の適職診断も受けることができます。

サイト上で求人を見ることができるので、移動中などスキマ時間に転職活動をすることが可能です。

リクナビNEXTおすすめポイント
  • 適職診断ができる!
  • スカウトサービス(オファー)機能がある!
  • 転職者の約8割が利用中!

今すぐ転職しなくても、とりあえずどんな仕事があるのか見てみるだけでも有効です。

マイペースに転職活動されたい方には、リクナビNEXTがおすすめです。

 

 

2位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1の転職エージェントです。

転職エージェントとは、求職者に寄り添い、求職者にとって最適な職業を見つけるサポートをするサービスのことです。

リクナビNEXTとも連動してるので簡単に登録することができ、キャリアアドバイザーによって心強いサポートを受けることが可能です。

非公開求人数も約10万件と非常に多いことから、仕事探しの幅も広がり、選択肢も多くなります。

キャリアアドバイザーのサポートを受けつつ転職活動したい方には、リクルートエージェントがおすすめです。

 

 

3位 doda(デューダ)

doda(デューダ)は転職者の満足度No.1の転職エージェントです。

専任のキャリアアドバイアーとのカウンセリングを通して、あなたの希望にマッチするような求人(非公開求人)を紹介してくれるだけでなく、あなたの適性を活かせるような仕事をアドバイスしてもらうこともできます。

また応募書類の書き方や面接対策など、転職に関する全面的なサポートを受けることができます。

満足度No.1の転職エージェントを利用したい方には、dodaがおすすめです。

 

 

迷ったらとりあえずリクナビNEXTに登録

まだそんなに本格的な転職活動は検討されてないという場合なら、とりあえずリクナビNEXTに登録されることをおすすめします。

いろいろな職業を見ることで興味の幅も広がりますし、その中から新しい職業への夢も見つかるかもしれません。

新たな目標ができると、毎日が楽しくなります。

迷った場合は3サイトとも登録するのが1番ですが、とりあえず…という方にはリクナビNEXTをおすすめします。

リクナビNEXTの登録は以下からできますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

上京までの流れ

  1. お金を貯める(目標150万円)
  2. 仕事を探す
  3. 部屋を探す
  4. 仕事も部屋も決まったら上京する
  5. 東京での新生活スタート

上京は体力と精神力を伴います。

仕事が早く見つかるかどうかで、すべてが決まると言っても過言ではありません。

ただし適当に探すと上京してから後悔しますので、しっかり確実に探すようにしましょう。

転職サイト・転職エージェントは、きっと役に立つと思います。