このページでは脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器をご紹介しています。

脇を脱毛したいという女性は本当に多いです。本当にいらないものですし。

今回は、脇脱毛のために脱毛器を選ぶ際のポイントも一緒にご紹介しますので、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

脇を脱毛する際に気を付けたい脱毛器選びのチェックポイント3つ

  1. 効果があること
  2. 痛みが小さいこと
  3. 使いやすいこと

脇の毛は他の部位と違って太く強いです。

なのできちんと効果のある脱毛器を選びたいところです。

またあまりに痛いと続けるのが億劫になるので、できるだけ痛みが小さいと言われる脱毛器をおすすめします。

そして持ち手の重さなど、軽くて使いやすいものが良いです。

長く使うものなので、使いやすくてコスパに優れた脱毛器を選びましょう。

以上のことを踏まえ、以下のランキングでおすすめの脱毛器をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

脇脱毛におすすめの家庭用脱毛器人気口コミランキング

1位 ケノン

値段 ¥69,800
脱毛方式 フラッシュ脱毛
照射面積 9.25cm2
(エクストララージカートリッジ使用時)
照射回数 100万発(レベル1)
レベル段階 10段階
持ち手の重さ
約120g
VIOの脱毛
推奨はVラインのみ

ケノンは痛みも小さく、脇脱毛に適したコスパの良い脱毛器です。

照射面積も9.25cm2(エクストララージカートリッジ使用時)と広いので、脇の部位もやりやすいです。

照射前にしっかり冷やせば痛みも小さいので、続けるのも苦ではありません。

ケノンのおすすめポイント
  • 痛みが小さいから、ストレスなく脱毛できる!
  • 軽くて使いやすい持ち手だから、脱毛(照射)しやすい!
  • 全身脱毛のコスパにも優れてる!

最新ケノンに標準装備されてるプレミアムカートリッジはレベル10でも30万発照射できるので、1人なら約20年分の全身脱毛が可能です。

本当に脱毛し放題です。

なので脇だけでなく、全身の脱毛にもぜひ使っていただきたいです。

脇も全身も綺麗になりたい方には、ケノンがおすすめです。

 

 

 


2位 トリア

値段 ¥54,800
脱毛方式 レーザー脱毛
照射面積 1.00cm2
照射回数 充電回数:約500回
レベル段階 5段階出力
持ち手の重さ 約584g
VIOの脱毛
推奨はVラインのみ

トリアはレーザー脱毛なので、脇脱毛にとても効果が期待できます。

ケノンはフラッシュ脱毛ですが、トリアはレーザー脱毛なので効果が高いです。

ハンディタイプなので場所をとりませんが、約584gもあるのでやはり重いです。

ですがレーザー脱毛なので効果は高く、フラッシュ脱毛より早く脱毛できる期待が持てます。

照射面積も狭いので、脇など細かい部位まで綺麗にしたい方は、トリアがおすすめです。

 

 

 


3位 2PSクリスタル

値段 ¥69,800
脱毛方式 フラッシュ脱毛
照射面積 7.04cm2
照射回数 100万発(レベル1)
レベル段階 8段階
持ち手の重さ
約110g
VIOの脱毛
VIOすべて可能

2PS(ツーピーエス)クリスタルも、ケノンに引けを取らない脱毛器です。

照射面積の広さとレベル段階でケノンに多少劣りますが、2PSクリスタルのすごいところはVIO脱毛すべてに対応してることです。

なので脇だけでなく、VIOも脱毛したいという方には2PSクリスタルがおすすめです。

 

 

 

脇は1番気になるけど1番脱毛しやすい部位

自分で脱毛してみてわかったのですが、脇は全身で1番脱毛しやすい部位です。

鏡を見ながらやる必要がありますが、範囲も狭いのですぐに終わります。

脱毛サロンは予約が取りづらいと言われてるので定期的に通えない場合もありますが、脱毛器ならいつでも好きな時に自分でできるので便利です。

脇の脱毛におすすめなのは、ケノン

値段 ¥69,800
脱毛方式 フラッシュ脱毛
照射面積 9.25cm2
(エクストララージカートリッジ使用時)
照射回数 100万発(レベル1)
レベル段階 10段階
持ち手の重さ
約120g
VIOの脱毛
推奨はVラインのみ

「家庭用脱毛器と言ったらケノン」と言われるほど人気のケノンですが、使いやすいですし、毛深い脇にもしっかり効くのでおすすめです。

一見、脱毛器とわからないフォルムも素敵です。

値段は高いですが、照射回数は最新ケノンに標準装備されてるプレミアムカートリッジのレベル10で30万発、期間にすると約20年分あります。(1人の場合)

20年も全身脱毛し放題なんて、すごいです。

最新ケノンの詳細は、以下の公式サイトからご覧いただけるので、よろしければぜひチェックしてみてくださいね。