【注意】この記事に書かれている内容は全て私の体験談かつ個人的な意見になります。ぶっちゃけ社会人としてあるまじき行為であることを一応本人も自覚しています。参考程度にお読み頂き、くれぐれも実践しないようお願い致します。万が一やってしまった場合、何かあっても当サイトでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

決してこの方法を推奨しているのではありません。むしろ非推奨です。

バックレや無断欠勤はしないようにしましょう。

また会社から借りている物は必ず返却し、できるだけ円満に退職できる形をとりましょう。

その方があなたにとっても、会社にとっても、良いはずです。

スポンサーリンク

体調不良でゴリ押しして辞める

私は過去2回ほど、体調不良で数日欠勤し、そのまま退職という、社会人としていかがなものか的な行動をしたことがあります。

ちなみに嘘ではありません。本当に体調不良です。

1度目は急性胃炎ですぐに良くなりましたけど、体力的に非常にハードな職場だったため断念して辞めさせてもらいました。

2度目は自律神経失調症です。他にもあるんですけど、いわゆる精神疾患でした。

とても辛かったですし病院では良くなるまで療養した方がいいと言われましたが、しばらく薬を飲みながら働いていました。

しかしそれが祟ってしまい数ヶ月後に症状悪化、朝も起きられない状態となり仕事どころか数時間身体を起こしてることも困難になりました。

今でもたまに調子が悪い時があり、自業自得とはいえ無理をした結果こんなことになってしまいました。

非常に後悔しています。

健康第一、身体が資本なんて意識しないような人間でしたが、痛いほど身に染みる結果となってしまいました。

体調不良で辞めるまでのはなし

大まかな流れですが、まず職場で体調不良を訴えました。(嘘ではありません。)

そして翌日からもう仕事に行きませんでした。行けないと言った方が正しいかもしれません。

とりあえず何日間か休みをもらい、数日後くらいに「体調を元に戻すことに専念したいので、申し訳ありませんがこのまま退職したい」と申し出ます。

ここで揉めるかどうか分かれると思いますが、「そんな簡単に辞められんぞコラ」となったら「では元気になったら行きます」と言います。

「それはいつになるんじゃゴルァ!」と言われても、「わかりません」と答えます。

「体調を元に戻すことに専念したいので本当は辞めさせて頂きたいのですが、それができないのでしたら体調が良くなったら行きます。でも今はとても仕事に行ける状態ではなく、あとどれくらいお休みしたらいいのかはわかりません。」とハッキリ言います。

仕事ができる状態ではなく、仕事に行けない、出勤することがそもそもできないという点がポイントです。

大抵の場合、相手方は「はぁぁぁぁあ?!」となると思いますが、仮に例えばあと3日程度休みを貰えば大丈夫…というのであればそれでいいと思います。

ですがもう辞めたい、明日から行く気が無いというのであれば、余計なことは考えず、そのままゴリ押ししましょう。

私の場合は有給があったので、有給を消化しながら約3週間後くらいに辞めました。

辞める時は退職手続をしなくてはなりませんので、できるだけ波風立てず穏便に事を進めた方が良いでしょう。

なのでバックレや無断欠勤はしないようにしておきましょう。

ちなみに法律では辞める2週間前までには退職の意思を伝えなければならないことになっていますし、派遣の場合は契約期間満了までは働かなければならない契約も結んでいます。

多少チクチク言われたとしても、悪いのは自分ですので盛大に非を認め謝罪しまくってさよならすればいいのです。

ゴリ押しして謝罪してさよならして終わり

「もう明日から仕事に行きたくない」「今日で辞めたい」という場合、それを実際に実行するにはそれなりの覚悟が必要になります。

具体的には・・

  • 怒られても行かない
  • 説得されても行かない
  • 「辞めさせない」と言われても行かない

「会社に来い!」と言われても、実際に身体を起こして足を動かして出社するのはあなた自身です。

上司が迎えに来て引っ張って連れて行ってくれるわけじゃありません。

「もう明日から仕事に行きたくない」「今日で辞めたい」と本気で思い、もう絶対に行かないという強い覚悟ができたら、あとは順を踏んでいけばいいだけです。

ただしここで注意したいのは、無断欠勤はしないことです。

無断欠勤をしてしまうと、その後会社側と連絡を取るのがますます億劫になります。

ですが退職手続はしないといけませんし、返却物があればそれだって返さなくてはなりません。

ただでさえ体調不良で欠勤することが良いイメージではないのに、無断欠勤なんてしたらますます悪くなります。

テキパキ辞めるためにも、スマートなゴリ押しを心掛けましょう。

なお、会社への返却物がある場合は必ず返却しましょう。

退職の手続きなど、どうしても1度は出社しなければならないと思いますが、それで辞められるのなら良いと思います。

後から揉めないためにも、できるだけ円滑に事を進めましょう。

明日から会社に行かずにそのまま退職した方法(体験談)まとめ

  • バックレ、無断欠勤はしないこと
  • 体調不良からの「もう絶対行かない」を決め込む
  • 説得されても「元気になったら行きます」と言う
  • もちろん行かない

自分で書いていて情けなくなるような体験談でしたが、すべて事実です。

体験談としてお読みいただき、決して実行しないでください。

当時の私はかなり病んでいましたが、それでも多くの方にご迷惑をかけてしまったので、本当に申し訳なく思っています。

なおこういうことを2度もしてしまったので、その後の仕事選びはかなり慎重にするようになりました。

今後はもう繰り返してはならないことなので、十分気をつけたいと思っています。

スポンサーリンク